心地よい室内環境

春や秋は窓を開ければ室内にサラッとした爽やかな風が入ってきます。
エアコンのいらない季節には自然の風を上手に取り込んで、心地よい空間を創り たいものです。
"家は夏をもって旨とすべし"という言葉が示すように、日本の家は日除けや通 風により夏の暑さをしのいできました。しかし、近年の異常気象により真夏では日中40℃近くまで熱せられる日も多くあ ります。また、比較的温暖な気候といわれる湘南地域でも、冬は寒く、暖房は欠かせません。
自然通風を意識した設計は必要ですが、どうしてもエアコンに頼らざるを得ない 季節があります。
アトリエけいは、一年を通してエアコン1台で快適に暮らせる家を目指しています。

高気密・高断熱

冬の話イメージ

冬の話

エアコンをいくらつけても暖かくならない、止めるとすぐに寒くなってしまう…
こういった話をよく耳にします。せっかくエアコンが生み出した暖かい熱が、エアコンをオフにした途端になくなってしまう主な原因は、家の断熱性能にあります。建物全体で考えると、一番熱が逃げていくのは窓やドアなどの「開口部」です。次に逃げやすいのは面積の大きい「外壁」。続いて「屋根」や「一階の床(基礎)」。そして忘れてはいけないのが「換気」です。それぞれの部位において適切な設計がされていれば家の断熱性能は上がります。断熱性能が上がれば、熱が逃げにくくなるため、より少ないエネルギーで家を温めることができます。エアコンを不必要に高温設定にすることもなく、低温設定の弱運転を連続させることで、エアコンの不快な気流を感じにくく、かつ低燃費で快適性を維持することができます。

夏の話イメージ

夏の話

太陽熱は冬場はとてもありがたいのですが、夏に関してはとてもやっかいなものです。太陽熱は屋根を熱し、その熱が屋根と天井を貫き、室内に侵入します。せっかくロフトを作っても暑くて居られないのでは、もったいないです。 「体感温度」は、単純に室温とは異なり、(周壁面の平均温度+室温)÷2という式で表されます。これは温度計が示す室温が同じでも、周囲の床・壁・天井の表面温度によって体感温度が異なるという意味です。真夏の場合、天井面がすごく熱くなるので、エアコンで室温を下げてもなかなか涼しくなりません。天井からの放射熱を下げるためには、屋根の断熱強化がとても効果的です。 また、夏は不必要に日射を室内に入れないことも重要です。太陽熱のエネルギーは膨大で、いかに高効率エアコンをもってしても太刀打ちできません。これを防ぐためには庇や日よけといった建築の形状そのものにも工夫が必要です。

温度のバリアフリー化イメージ

温度のバリアフリー化。

断熱性の低い住宅の場合、冬場の洗面所やトイレ・廊下の床の表面温度は、常時使用する部屋に比べて5〜10度程度の差があります。廊下に出るとヒヤッとするのはこの温度差のせいです。ヒヤッとする感じが嫌で、冬は一室にこもりがち。寒くて行きたくない部屋があるなんてもったいない話です。 特に幼児やお年寄りにとって急激な温度差は体に負担がかかります。そのため、自宅で入浴する際の事故が高齢者を中心に増えているそうです。寒い脱衣室で衣服を脱ぐと、寒さの刺激で血圧が急激に上がり、そのまま温かいお湯に浸かると今度は血管が拡張して血圧が急激に下がる。これがいわゆる「ヒートショック」です。 都道府県別にヒートショックによる事故発生件数が発表されています。一番事故率が低いのが「沖縄県」。沖縄は年間を通して暖かいので納得できますが、二番目に事故率が低いのはなんと「北海道」です。北海道の住宅は当たり前のように耐寒仕様で作られていて高断熱の家が多いのが理由だそうです。私たちの暮らす鎌倉は、比較的温暖な気候と言われる湘南地域ですが、冬は寒く、暖房はかかせません。北海道レベルとまでは言いませんが、やはり断熱性能は関東地域においても重要だと考えます。 家中のどこにも温度差がない室内環境は、心地よいだけでなく安全です。家の隅から隅までを快適に使えることは、素晴らしいことだと思います。

換気計画

空気をいつも新鮮な状態で保ちたい

空気をいつも新鮮な状態に保ちたい。

気候の良い季節は、窓を開け放つことで十分な換気がされますが、窓を開放できない季節が問題です。人は、1日に1万ℓ以上の空気を吸うと言われています。その空気が汚れていては、健康に影響を与えます。そこで、住宅を設計する際には「換気計画」が重要です。換気の役目は、外から新鮮な空気を取り入れて、室内の汚れた空気を排出することです。室内の空気は放っておけば勝手に汚れます。呼吸による二酸化炭素、調理による水蒸気、体臭、家具や建材から発散されるホルムアルデヒド、ストーブやコンロの燃焼による一酸化炭素などが主な原因です。換気量が少なすぎれば空気の新鮮度は保てませんし、逆に多すぎれば暖房でせっかく暖めた空気を捨ててしまうことになります。だからちょうどいい量の換気計画が必要なのです。設計した適正な量の換気を実現するためには「建物の気密性」が重要です。中には、高気密にしなければ換気設備に頼る必要もないのでは?という意見もあります。ところが、針でたくさん穴をあけたストローでコップの水を吸ってみると全然吸えないの同じで、気密性の低い家は、大風量の換気機を使わないと排気できません。また、隙間風による換気というのはただの漏気であり、計画換気とは無縁の話です。私たちは、「換気」と「気密」は切っても切れない関係であると考えています。人が暮らす家だからこそ、適切な場所から最適な量の換気を行い、常に新鮮な空気環境を保ちたいと思っています。

プラスエナジーハウス

プラスエナジーハウス

経済産業省が行う「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」という補助事業の2012年度採択物件の事例をご紹介します。「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」とは、「住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅」と経産省は定義しています。 これは、建物の性能を上げて快適な室内環境を実現し、年間で使用するエネルギー量を最小限に抑える。その上で、建物に乗せた太陽光パネル等によって作り出すエネルギー量が、使用するエネルギー量を上回るように設計する。いわばエネルギーを自給自足するようなイメージの住宅です。 膨大な太陽光パネルを屋根に乗せれば、そこそこの断熱性能の家でもゼロエネは実現できますが、この家は、まず建物の性能をできるだけ上げて、使用するエネルギー量を最小限に抑えることを目的に設計しました。 快適な生活を送りつつも光熱費が抑えられる。そんな理想的な家が完成しました。

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ 0467-67-4224
↑