イメージを共有する

暮らしやすい家をつくるには、住む前からそこでの生活をイメージできることが大切です。 とは言え、空間のイメージや建物のボリュームを図面だけで理解するのは、なかなか難しいものです。 私たちの仕事は、建物をイメージして図面にすることですが、同時にそれを建て主さんに誤解のないよう伝えることも大切な仕事です。 完成後に"思っていたのと違う"ということが無いように、3D映像で設計を可視化させながら仮想空間に家を建てます。建物や空間を立体的に確認できるため、専門的な知識がなくても設計図に書かれていることが理解しやすく、住む前から暮らしをイメージすることができます。

建築図面を正確に読み解くのは大変。

建築図面イメージ

建築は立体的な形・空間ですが、図面は二次元の紙に表現します。 二次元で表された図面から、三次元の空間や建物のボリュームを理解する事は、建て主さんにとってはなかなか難しいことです。ゆえに出来上がってから"思っていたのと違う"というトラブルが発生し兼ねません。

例えば図面上で"吹き抜け"は点線で表現されます。しかし、図面を見てその"吹き抜け"がどのくらい開放的なのか、そこからどのくらい光が差し込むのか、という事を正確にイメージできる建て主さんは、なかなかいません。

建築図面イメージ

実は、私たちもそんなに正確にイメージできるわけではありません。それは、ベテランの建築家の方々のような経験が足りないのだと思います。だから私たちは、イメージしている空間や形が正確に設計できるように3DCADというツールの力を借りています。
かつて3DCADは、イメージを伝えるためのパースを作るプレゼンツールのような役割を担っていましたが、私たちはこれを設計の初期段階から活用し、常に自分のイメージ通りになっているか3D画像で確認しながら設計を進めています。
画面の中の仮想空間に、立体物を三次元で構築していくやり方は、勘違いやミスを限りなく少なくしてくれます。そして経験不足はトライアンドエラーの回数でカバーします。

建築図面イメージ

私たち設計者にも分かりやすい3DCADですから、もちろん建て主さんにも分かりやすい。 人の視点で建物内をぐるぐる動き回ってみれば、使いにくそうなところがどこにあるのか、イメージ通りの空間になっているのか、などが直感的にわかります。
たとえば、開放感を求めて大開口を設けたら逆に落ち着かない雰囲気になってしまったり、平面図で上手くまとまったプランを3Dで確認すると狭苦しく感じたり、建築は多角的に検証を必要とするものばかりです。
打合せでは、3D画像を見ながら提案を行い、それに対して意見交換をします。直感的に理解できるため、さまざまなアイディアや問題の解決策が打合せの場で生まれることがよくあります。私たちは常に、わかりやすく、楽しく、ワイワイと意見を出し合える打合せを心がけています。

3Dデータのテイクアウト

打合せに使用した3Dデータは、建て主さんに持ち帰って貰えるようにデータ出力をします。 建て主さんはご自宅で、これから建つ家の詳細を検証することができます。ご家族でじっくり意見を出し合ったら、気づいた点や新たに出た要望をメールでご連絡いただきます。これを繰り返すことで短期間に完成度を上げることができ、とても効率的です。

設計されている家が細部にわたってどんな風になっているかを理解・把握する事は、とても重要だと思います。こういう便利なツールはどんどん活用していきたいと思っています。

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ 0467-67-4224
↑